2016年7月13日水曜日

海外展開に補助金・助成金を活用しましょう

海外展開を本格的に始動したい!けれど資金面で思い切った投資ができない、といったことも多いのではないでしょうか。
そこで、国や自治体等の補助金や助成金を上手に活用するための様々なポイントをこのブログでご紹介していきたいと思います。

どれくらいの予算がでるかですが、例えば今年の4月に経済産業省が出している予算では、「地域経済再生、中小企業・小規模事業の活性化」のうち海外販路開拓支援は40億円、「海外市場の獲得、投資の呼び込み」の項目では補正予算も含め274億円も予算がついています。
実際の予算は経済産業省が元ですが、中小企業庁や商工会議所がその事業を取りまとめているケースも多く、その場合は予算規模もあまり大きくないので一企業でも取りやすいと思います。
通常国の事業は5月から夏くらいまでに公募が出ることが多いですが、全体として海外展開支援は2020年のオリンピックに向けて強化していくところなので、補正予算も含め今後チェックしていくと良いと思います。
ただ、公募要項は公官庁独特の言い回しが多く、読みなれないとわかりにくい部分もあるかもしれません。

また、資金面だけではなく、販売促進支援を行うケースもあります。
例えば、現在栃木県では、タイでテストマーケティングをするための出品物を募集しています。
このような現地でのテストマーケティングの際も自社のECサイトがあれば、現地でのマーケット情報の獲得だけでなく、顧客情報を獲得し、継続したアプローチも可能です。
現地の展示会へ出店する場合にうまくいかないケースとして、名刺交換をしてもその後の見込み顧客にすることができない、という問題があります。メルマガなど顧客への継続的な情報提供や顧客が興味を持った時に情報を得られる環境がないのがその敗因です。
ECサイトという受け皿があれば、効果的に現地マーケティングの機会とすることができます。

ECサイトを運営されているのであれば、是非国や行政機関などの助成金、補助金、販売促進支援を効果的に活用し、ビジネスをドライブさせてください!


次回は助成金と補助金の違いや、活用の際の注意点についてお届けしたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿